So-net無料ブログ作成
検索選択

入院の妻死亡、死者3人に=自営業者宅放火−京都府警(時事通信)

 京都府亀岡市で2月、自営業西村正人さん(59)宅が放火され、西村さんら2人が死亡した事件で、大やけどを負って入院していた妻豊子さん(59)が2日夜、病院で死亡した。同事件の死者は3人となった。
 焼け跡からは豊子さんの妹の元夫(63)が遺体で見つかっており、府警亀岡署は元警察官の元夫が放火した可能性が高いとみて、殺人や現住建造物等放火の容疑で捜査している。
 同署によると、西村さん宅は2月26日夜に出火し全焼した。豊子さんは下半身に大やけどを負い、京都市内の病院に入院していた。 

【関連ニュース
住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か
アパート火災、2人焼死=高齢の親子か
住宅火災で3遺体発見=50〜70代の母子か
焼けた車から3遺体=持ち主一家に捜索願
寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕

<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令(読売新聞)
首相動静(4月5日)(時事通信)
74歳男、弟殴り死なす=容疑で逮捕、「ばかにされた」−警視庁(時事通信)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)

トキ 産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省(毎日新聞)

 環境省は29日、新潟県佐渡市で放鳥したトキ30羽(1羽は直後に保護)のうち、佐渡で営巣していた1組のつがいが産卵した可能性が高いと発表した。トキの自然界での産卵は1979年に佐渡で確認されて以来、国内では31年ぶり。有精卵であれば約1カ月でふ化するという。

【写真特集】トキ、放鳥から半年…7羽、たくましく越冬(09年3月)

 同省によると、このつがいは08年に1次放鳥された3歳の雄と、09年の2次放鳥の1歳の雌。28日朝から一日中、雄と雌が交代で巣に残り、座り込んでいる様子が確認されたという。同省の笹渕紘平自然保護官は「卵の有無は目視で確認できていないが、産卵した可能性が高いと考えられる」と話した。

 また、同省は、佐渡で新たに1組のつがいが営巣する様子が28日に確認されたと発表した。雄が雌の背中に乗って、くちばしを合わせるなどの求愛行動「擬交尾」も数回観察されているという。営巣が確認されたのは3組目。【畠山哲郎】

【関連ニュース
【写真特集】毎日動物園・鳥類別館
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
トキ:2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待

医師国家試験に7538人合格=合格率89.2%−厚労省(時事通信)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ−厚労省(時事通信)
生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)
18歳少年?の遺体を工事現場に埋める 容疑の知人男逮捕 (産経新聞)
<掘り出しニュース>案内は“三国志なりきり看板” 商店主ら登場−−神戸・長田(毎日新聞)

「今が最初で最後のチャンス」自民会派離団の大阪府議が会見(産経新聞)

 大阪府議会の自民党府議団に離団届を提出した府議3人が25日、記者会見を開き、新グループ「ひとつの大阪」を立ち上げたことを明かした。今後は、自民党籍は残したままで、橋下徹知事の主張する府と大阪市の再編の実現を目指して活動していくという。

 離団したのは西野弘一、西野修平、西田薫の3議員。離団理由について、3人は「自民も府市再編の方向性はほぼ同じだが、思いに濃淡がある」「(橋下知事の誕生で)実現可能性が高まった。今が最初で最後のチャンスと思い離団を決めた」と説明した。

 また、4月に橋下知事に近い府議らが旗揚げする「大阪維新の会」との連携については、西野弘一議員は「考えは同じ方向」としながらも「正式な呼びかけはなく、答えられない」とした。

【関連記事】
橋下知事、新政治集団「4月中旬までに形あるものに」
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明
分裂3度目、自民府議3人離脱 「橋下新党」に含み
山田、中田両氏ら「日本志民会議」新党結成を視野
揺れる自民府議団 「橋下新党」台風の目
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<平野官房長官>中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)
保護者と性的関係=区立小校長を更迭−東京・江戸川(時事通信)
ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)
国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)
JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)

規制改革分科会、29日に初会合(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相は26日午前の閣議後の記者会見で、行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の下に設置された規制・制度改革に関する分科会の初会合を29日に開くと発表した。初会合では今後の検討テーマなどを決め、環境、医療農業などの分野の改革案を6月をめどにまとめる予定だ。
 分科会会長に大塚耕平内閣府副大臣、会長代理に田村謙治内閣府政務官が就任。民間からは、前身の規制改革会議で議長を務めていた草刈隆郎日本郵船相談役を含め15人がメンバーに起用された。 

【関連ニュース
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す
政策提言に232件
「閣僚は国務に専念を」=小沢氏
仕分け、1年生議員を活用
仕分け、党に協力要請=首相

懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動(産経新聞)
<パ・リーグ>開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
ヘラクレスオオカブトなど盗む=108匹、自称会社員逮捕−埼玉県警(時事通信)
<福岡切断遺体>顔見知り関与か…争いの跡なく(毎日新聞)
地下鉄サリン事件から15年=霞ケ関駅で首相ら献花へ−東京(時事通信)

公明 神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)

 公明党の神崎武法元代表(66)=衆院比例代表九州ブロック=と坂口力元厚生労働相(75)=同東海ブロック=が任期途中で衆院議員を辞職し、政界を引退する意向を固めたことが22日、分かった。党内の世代交代を進める狙いがあり、両氏が辞職した場合、比例九州で遠山清彦前参院議員(40)、比例東海で伊藤渉前衆院議員(40)が繰り上げ当選する。

 自公連立政権を支えた両氏の引退で、自民、公明両党の距離は一層広がるとみられる。

 神崎氏は1983年衆院選で初当選し9期目。93年発足の細川護熙連立政権で郵政相、98年から06年まで党代表を務め、99年の自民、自由、公明3党連立政権発足にかかわった。月内にも衆院議員を辞職し、政界を引退する方向だ。

 一方、坂口氏は72年に初当選し11期目。細川政権で労相、小泉純一郎政権で厚労相を務めた。議員辞職は今夏の参院選後になる見通しだ。【田所柳子】

【関連ニュース
柳沢伯夫氏:城西国際大学学長に 政界引退、4月から
衆院選:落選の河本三郎氏が政界引退 故河本敏夫氏の三男
衆院選:落選の国民新党の綿貫代表 政界引退を示唆
山崎前副総裁:引退へ 参院選で自民公認難しく
衆院選:小泉氏当選、神奈川11区

竹原市長の親族会社が落札=最低価格1円超で−鹿児島・阿久根(時事通信)
<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
雑記帳 メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)
日医連 自民への献金凍結(産経新聞)
小林千代美議員の会見要旨(読売新聞)

B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口(時事通信)

 札幌地裁で和解勧告のあったB型肝炎訴訟への対応をめぐり、鳩山由紀夫首相と長妻昭厚生労働相、菅直人財務相ら関係閣僚が16日、国会内で初会合を開いた。
 会合で鳩山首相は「情報を密にし、共有しながら進めていく態勢をつくるように」と指示。窓口を仙谷由人国家戦略担当相に一本化することを決めた。
 他のメンバーは、平野博文官房長官、千葉景子法相と細川律夫厚労副大臣。
 仙谷氏は閣議後の記者会見で、同地裁の次回期日となっている5月14日までに対応を決めると指摘。長妻氏は「これだけの陣容できちっと対応するということだ」としたが、和解協議に応じるかどうかは明らかにしなかった。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

日銀審議委員に森本氏=政府が国会に提示(時事通信)
再生機構、ウィルコム支援を決定=日航に次ぎ2例目(時事通信)
JAYWALK中村容疑者の尿から覚醒剤反応、使用容疑でも立件へ(産経新聞)
自見幹事長、鳩山邦夫氏との“友情”に期待(産経新聞)
表敬訪問並み? 普天間抜きの日米首脳会談(産経新聞)

前原国交相 スカイマークの操縦室撮影「言語道断」(毎日新聞)

 スカイマーク(本社・東京)の副操縦士が飛行中の操縦室内でデジタルカメラを使って自分たちを撮影した問題で、前原誠司国土交通相は12日、閣議後会見で写真を公表し「言語道断」と批判した。

 公表した写真は2枚で、1枚は客室乗務員が副操縦士席に座り、機長と共にピースサインをしている。もう1枚は客室乗務員が中央、両脇に機長と副操縦士が写っている。前原国交相は「運航中、(写っている)全員こっち(後方)を向いている。お客さんが乗っている機内でこういうことが起きるのは、言語道断で許されざるべき行為だ」と述べた。

 同社は副操縦士を諭旨退職にするなど15人を処分しているが、国交省は「調査が不十分」として同社に立ち入り検査を実施した。【平井桂月】

【関連ニュース
前原国交相:計器着陸装置を順次更新、羽田の濃霧欠航受け
前原国交相:「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因
前原国交相:4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相
前原国交相:公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立

「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
ラン 大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)
関空出国エリア 改修セレモニー(産経新聞)
解雇宣告に激怒、ホテル支配人刺す 清掃員逮捕(産経新聞)
<札幌ホーム火災>吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)

野口さんが「宇宙からの読み聞かせ」(産経新聞)

 国際宇宙ステーションに滞在中の野口聡一さんが、世界初の「宇宙からの読み聞かせ」に挑戦。その映像が、東京新宿区立愛日小学校で行われた読み聞かせイベントで初公開された。

 野口さんが読んだ本は、真珠まりこさん作「もったいないばあさん」。パソコン画面に本のページをうつしながら、「じゃーじゃー おみずの だしっぱなし もったいなーい…」など、約5分間にわたって朗読。「宇宙ステーションでは水が大事で、洗面もコップ1杯」などと話した。

 今回のイベントを主催したのは、講談社「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。平成11年から活動を開始、本をのせたキャラバンカーで全国の幼稚園や小学校などを訪問し、朗読会を行っている。19年には菊池寛賞を受賞している。

<横浜国際総合競技場>命名権で日産と横浜市が再契約(毎日新聞)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
H&M 戎橋店オープン 関西初、開店前から長蛇の列(毎日新聞)
エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調(産経新聞)
DV別居の子ども手当、逃避母子など被害者へ(読売新聞)

1歳女児虐待死?たばこの火の跡・低体重(読売新聞)

 大阪寝屋川市で1月、体にたばこの火を押しつけられたような跡などがある1歳10か月の女児が、意識不明の状態で病院に搬送され、今月7日に死亡していたことが、わかった。女児はあごを骨折しており、体重は約6キロと同年齢の平均体重の半分程度だったという。府警は、女児が虐待を受けた可能性もあるとみて、両親らから事情を聞き、9日に司法解剖して詳しい死因を調べる

 捜査関係者によると、1月27日午前、同市内の男性(26)方から、「娘を起こそうとしても目を覚まさない」と119番があった。救急隊員が駆けつけたところ、女児はのどに物を詰まらせ心肺停止状態になっており、その後、病院で治療を受けていた。

 病院側は、女児の体に複数のあざがあったことなどから、大阪府中央子ども家庭センターに連絡。虐待の可能性があるとして、同センターが寝屋川署に通報していた。

インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
<掘り出しニュース>ヴェネチア仮面祭 体験して 31日まで、箱根の美術館で(毎日新聞)
<訃報>古賀昭典さん81歳=元航空自衛隊航空総隊司令官(毎日新聞)
「大島幹事長の顔怖い」自民懇談会で不満(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。