So-net無料ブログ作成
検索選択

福島県相馬市、浪江町で震度5弱(読売新聞)

 13日午後0時33分頃、福島県沖を震源とする地震があり、同県相馬市と浪江町で震度5弱、福島市や仙台市などで震度4を観測した。 気象庁によると、震源の深さは約40キロ、マグニチュードは6・2と推定される。この地震で、JR東日本は一時、東北新幹線の運転を全線で見合わせたが、同44分に再開した。

 各地の主な震度は次の通り。

 ▽震度4 福島県白河市、二本松市、いわき市、南相馬市、田村市、福島伊達市、本宮市、宮城県登米市、栗原市、大崎市、白石市、名取市、角田市、岩沼市、石巻市、山形県上山市、茨城県日立市、笠間市、栃木県大田原市

<小沢前幹事長>菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
守った・勝った・夢つないだ…興奮の波、各地で(読売新聞)
<感電>変電所で生徒2人が負傷 岡山・玉野(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦第3戦 山下天元、持ち前のパワーを発揮(毎日新聞)

葬儀業者から「心付け」大阪市が10人懲戒免職(読売新聞)

 大阪市は31日、市立斎場の職員が葬儀業者から「心付け」を受け取っていたとして、斎場勤務の環境局職員10人を懲戒免職、11人を停職(3か月〜5日)の処分にした。

 心付けの総額は自己申告分だけで約950万円に上り、一つの事案で懲戒免職される人数としては市で過去最多という。

 市によると、処分を受けたのは、瓜破、小林、佃の3斎場に勤めていた職員21人。2002年1月〜10年2月の間、葬儀業者から継続的に現金や商品券を受け取っていた。1件あたり1000円〜1万円で、年間36万円分の商品券を受け取っていた職員もいた。

 市では、01年にも斎場職員が喪主らから心付けを受け取っていたことが発覚。市は02年、担当職員36人を文書訓告処分とし、斎場の全職員に「受け取らない」との誓約書を書かせていた。しかし、05年以降、複数回にわたって不正の通報があり、市が再調査していた。

高選択的DPP−4阻害薬ネシーナの安全性に期待(医療介護CBニュース)
考えただけでも涎が…仙台放送・原英里奈アナウンサー(産経新聞)
菅首相が誕生=官房長官に仙谷氏―「枝野幹事長」を検討・組閣は8日(時事通信)
駅ロッカーから新生児の遺体 大阪・阪急梅田(産経新聞)
塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。