So-net無料ブログ作成

強盗強姦の被告、裁判員裁判で23年判決 横浜地裁(産経新聞)

 女性宅に侵入して乱暴し強盗するなど4事件を起こしたとして、強盗強姦などの罪に問われた住所不定、無職、新谷大和被告(35)の裁判員裁判の判決公判が14日、横浜地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は懲役23年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 朝山裁判長は、被告が「裁判員制度になったからみんなが写真を見るぞ」などと脅して、犯行の口止めのため被害女性とのわいせつ行為の写真を撮ったことについて、「最も安心できるはずの自宅で被害に遭い、状況を撮影された。被害者の肉体的、精神的恐怖は計り知れない」と指摘。「性犯罪を繰り返す傾向が顕著で容易に矯正しがたい」と断じた。

 判決後、裁判員経験者の会社員の男性(23)は「個人的には、被告へ怒りの気持ちはある。23年の長い間に反省し、更生してほしい」と話した。

 判決によると、新谷被告は昨年7〜8月、横浜市内の10〜20歳代の女性宅に侵入。粘着テープで口をふさぐなどして乱暴、強盗するなど4件の事件を起こした。

【関連記事】
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
「自分が被害者なら怖い」 元少年への判決で裁判員
「逮捕状なく逮捕」弁護側、裁判員に訴え 大阪地裁
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判
少子化を止めろ!

早く具体策を!国の口蹄疫対処方針に農家怒り(読売新聞)
<公務員法改正案>衆院を通過…野党5党、ようやく連携模索(毎日新聞)
<普天間移設>「閣議了解応じず」首相に伝達 福島担当相(毎日新聞)
大阪府警運転免許課主任が酒気帯び、事故起こし逮捕(産経新聞)
蓮舫氏ら民主議員8人、暗に小沢氏辞任要求?(読売新聞)

陸山会事件 石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で起訴され、民主党を離党した石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が10日、毎日新聞の単独取材に応じた。東京第5検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことについて「パーティーや個人献金の額は報告したが、細かいことはしていない」と述べ、小沢氏の関与を否定。自身の虚偽記載は「ゼネコンからの闇献金は含まれていない」などとして「形式犯」との認識を示した。

【毎日動画】石川知裕議員単独インタビューの動画

 検察審査会は、04年分の収支報告書提出前に、小沢氏に報告や相談をしていたとの石川議員の供述を、共謀の「直接的証拠」と指摘していた。石川議員は「短い時間で端的に報告したが、それをもって(小沢氏が虚偽記載を)分かっていたという判断は先に進み過ぎている」と批判。「収支報告書に載せるかどうかはいちいち相談していない」と、自身の判断だったと強調した。

 一方、土地購入で中堅ゼネコン「水谷建設」から収支報告書に載っていない資金提供があったとの疑惑は「事実無根」と全面否定。虚偽記載は形式犯だとして「正しくはないが、悪質性が高いものではない」と主張した。

 動機は「会計知識が足りなかった。犯意を持ってやったことではない」としつつ、「公判にかかわるので、詳しいことは答えられない」と明言を避けた。

 また、小沢氏の資金管理団体の陸山会が活発な土地取引をしていたことについては「おかしいことではない。陸山会は土地取引で資産を増やしたわけではなく、賃貸で数百万円もするなら買った方がいい」との認識を示した。【田中裕之】

【関連ニュース】
違法献金事件:「訴因変更」で立ち往生 大久保元秘書公判
起訴相当議決:小沢氏に説明求める声拡大
小沢幹事長:「起訴相当」議決…石川議員「ノーコメント」
小沢幹事長:「起訴相当」議決…地元で「当然」の声も
小沢幹事長:「やましいことはない」…会見で辞任を否定

官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
検察の判断に言及せず=鳩山首相(時事通信)
ホステスの源泉所得税、1億6千万脱税の疑い(読売新聞)
ネット掲示板に男児ポルノ=開設の男子高生ら27人摘発−公然陳列容疑で警視庁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。